kinunoya news

2011年02月03日

帯の知識 パート2

前回に引き続き、今日は袋帯です

袋帯といえば、皆様も聞き馴染みが多いと思います。
でも、実際に「袋帯って何」と聞かれたら、答えられますか

そんなあなたの為に…

袋帯とは…
女帯の一種で、(あまり前ですね)長さが、約4m、帯幅、約31cm
二重組織で、帯の裏表両面を続けて袋状に織ったり、最近では、表と裏を違う布で縫い合わせた物も多くなってきました。

前回紹介しました、丸帯の代用として出来たものだそうです
柄付けは、全通柄(帯全部に柄があります)、6通柄(6割に柄)が主ですが、お太鼓柄(お太鼓と前部分だけの柄)もあります

次回は名古屋帯です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
10wn